2017年 03月 23日

写真集「はるいろは かすみのなかへ」について

c0216014_12100951.jpg

はるいろは かすみのなかへ

この本はタルコフスキー、アンゲロプス、ギッリを想い作りました。


下記は「あかるいほうへ」シリーズについて2014年に書いた文章です。

(そのまま掲載します)






「1日で始まり1日で終わる」

「あかるいほうへ」シリーズは2008年9月17日、久々に大沼公園を訪れた事から始まった。
公園を歩いている時に光、匂い、音、空気その他が作用して子供の頃の記憶が蘇ったからこそ動き始めた。
撮影は日暮れまで、まさに走るように光を追い求めた。
それらのフィルムを東京に持ち帰り現像、プリントすることで撮影時とは別の新たな記憶が積み重ねられた。

その年の12月に予定していた写真展の為に本を作る事を決めていた。
何を出展するのかはまだ決めかねていた。
8月ぐらいから本の制作にあたり編集、デザインをやる高橋健介氏に幾つかのプランを持ちかけた。
そこには「とびら」(後に「THE TITLE PAGE」へ繋がる作品)やその他今だに未発表の作品があった。
突然「あかるいほうへ」の作品が飛び込んできた。
この作品で写真展をやり本を作ることを決めた。

写真集を作るにあたり10月終わり、紅葉真っ盛りの大沼公園を再び訪れた。
今度は約一週間の撮影で湖畔と森を毎日彷徨い歩いた。
子供に頃の記憶をベースに出来上がった本が「あかるいほうへ」晩夏から秋への移ろいを表した。
そしてこの場所での作品をシリーズ化する事を決めた。

翌年の2009年冬、2月初頭、例年なら一番寒い日を狙い大沼公園へ
しかしその年は暖冬で雪が少なくイメージしていた写真が撮れない、毎日彷徨い歩き何かを見つけようとしていた。
10日ぐらいの撮影を終えたが中身は乏しいものと解っていた。
一旦東京に戻り、また来年かなーと思っていた矢先、大寒波が到来、再び撮影に訪れた。
先週とは違い氷の上を歩くのも安心感がある。
白一色に覆われた世界と共に撮影は進み約1週間の撮影を終えて戻った。

「とりのこえをきいた」を写真集にしたのは2010年、冬の撮影以来、横目では写真群を見ていたが「THE TITLE PAGE」の制作で精魂使い果たしてしまった為に丸々一年間あまり放置(寝かせ)ていた。
タイトルのとりのこえをきいたとは、冬の撮影時、静まりかえった森の中では鳥がしきり歌っていたのでつけた。
色がほとばしる紅葉の水面が冬を迎え白とグレーの世界に静かに変化してゆく様子を表した。
編集、デザインは「あかるいほうへ」と同じく高橋健介氏
「うまれたときにみた」という言葉は実は一番最初の撮影を終えた後に思い浮かんでいた。
2010年終わりから2011年初頭、「神/うまれたときにみた」の写真集の制作に取り掛かった。
書肆サイコロのサイトヲヒデユキ氏との初めての仕事だ。
編集が終わり、印刷の工程へ入っていったが思い通りの色がなかなか出ない。色校正の時点で紙を変更したりニスを引いたりしたが結局本番の刷りで調整するとう事となった。
印刷所は北海道の石狩にあり立会の前にサイトヲ氏と供に厳寒の大沼公園を訪れ実際の景色を体感してから印刷本番を迎えることができた。
印刷は困難を極めたが雪国で育った印刷オペレーター達はさすがに雪の色について熟知していてコツをつかむと
順調に進み始めた。
2011年3月6日まで書肆サイコロにて「神/うまれたときにみた」の展示をやり終え3月11日大地震、津波、原発事故が起き私達は恐れおののき、暫く何も手につかない日々を過ごした。
同年の5月北海道は待ちに待った春を迎え、桜も梅も咲き乱れ植物達は爆発的に活動し始めていた。
久々に大沼公園を訪れたのはそんな1日だった。
「はるいろは かすみのなかへ」は5月17日快晴の爽やかな風く日に始まった。
春の天気は変わり易く太陽は隠れ強風が吹き始めた。海からの風は霧を運んできてみるみるうちに湖面を
覆い何も見えなくなった。
そんな時は1時間ぐらいで終わり何も無かったかのように太陽は顔を出し雄大にそびえる駒ケ岳を照らしだした。
2013年ポエティック・スケープで「はるいろは かすみのなかへ」で展示した。
それに合わせて写真集を作ろうと考えたが、最終形が見えずに今だに制作には至っていない。
今回のON READINGでの展示は4年越しで制作してきた作品の中からの展示となります。
写真集「あかるいほうへ」「とりのこえをきいた」は在庫が少なくなっています。
供に500部制作してやっとここまでたどり着きました。
在庫が無くなり嬉しくもあり、あーもう無いんだと寂しい気持ちも少しあります。
ふとした1日から始まりふとした1日で終わる。
予期せぬ出来事が必ずやってきて常に自分に作用し何かを想起させ突き動かす。
その事を感じるアンテナを常に張っていたいと思います。


[PR]

# by seijikumagai | 2017-03-23 12:34 | Comments(0)
2017年 03月 19日

はるいろは かすみのなかへ

c0216014_13292872.jpg

写真集完成しました。
2013年中目黒のギャラリー
POETIC SCAPEにて展示した作品をまとめました。
「あかるいほうへ」シリーズの最終版です。

全て手製本の為、少々お時間頂きます。
少部数ゆえ、販売はマルクマ本店POETIC SCAPEのみでの販売となります。

サイズ:258x210mm
印刷:オフセット+インクジェット
本文:20ページ
写真点数:10点
製本:三つ目綴じ
小口:金色
装丁:高橋健介
初版:100部



[PR]

# by seijikumagai | 2017-03-19 13:30 | 写真集 | Comments(0)
2017年 03月 01日

広島でのワークショップの様子

c0216014_10590356.jpg

2月19日
広島の街を撮影しプリント、公表するというワークショップを行いました。

ワークショップをするにあたり参加者に向けて書いた文章です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

撮影ワークショップの目的

今までに色々な場所で、撮影ワークショップを行ってきました。

参加者の目的はそれぞれに異なり、技術的な助言を求める人、撮影した写真をどうまとめたら良いのかを知りたい人、

写真を始めて間もない人、かなりの期間撮影を重ねてきた人など様々です。

今回のワークショップでは初心者、上級者に関わらず、皆さんが本当に知りたい事、つまり写真を撮影し、その中から自分が見て感じた世界を写真に納め、それを素直に発表してもらうことです。

どんなワークショップにするのか

カメラを持ち歩く。

そして写真を撮る。

それは普段とは違う見え方がするのではないかと思います。

どこか目的地に向かって歩くというよりも、ぶらぶらと歩き何かを探す(出会う)

自分が気になった事、綺麗だと思った物、とにかく自分の心に触れた全てを撮ってみよう。

その事を通し、新しい物の見方や自分が本当に好きな対象を見つける小さな旅になればと思います。

小さな旅で集めた自分の視線

それは紛れもなく自分だけのものです。

それらの写真約(50100)枚を選び

最終的には510点ぐらいに集約し

同じ時間を共有した人達に「私はこれが素敵だと思うの」という感じで互いに発表して頂きます。

写真を撮る、選ぶ、見せる事を通し、より豊かな生き方を見つけられると思います。

自分にとって写真は常にそのような存在であり、それを皆さんと分かち合うのが最大の

目的です。


今回の撮影は現像時間の関係もあり、自身もデジタルカメラで撮影しました。
参加者10名、かなりハードな内容でしたが、それぞれに個性ある写真が並べられ大いに盛り上がりました。
いつも東京意外での展示時に色々な形のワークショップを行なって来ましたが、
独立した形でのワークショップの可能性を感じました。
ワークショップを希望される方がいましたら、お気軽にお知らせください。

c0216014_11095048.jpg
c0216014_11010945.jpg
c0216014_11003770.jpg
c0216014_11105406.jpg
c0216014_11014587.jpg
photo : Harumi Sakata / Aya Futatsugi

[PR]

# by seijikumagai | 2017-03-01 11:29 | | Comments(0)
2017年 02月 03日

2月27日まで池袋ポポタムにて展示中

池袋の書店ポポタムにてミニミニ展示中です。
A5パネル作品、写真集もあります。
お買い上げ頂いた作品はお持ち帰りできます。
毎週、水・木はお休みです。
よろしくお願いします。
c0216014_14513858.jpg






写真家




[PR]

# by seijikumagai | 2017-02-03 14:23 | 写真展のお知らせ | Comments(0)
2017年 01月 26日

新刊/123部限定本「nuttari`n zine」

マルクマ本店より新刊のお知らせです。
2016年12月10日
新潟の沼垂地区を撮影した写真をzineにまとめました。

販売は新潟BOOKS f3にて限定123部のみ販売します。
店頭、WEBで購入可能です。
全ての本を手製本で作りました。
c0216014_1338211.jpg























[PR]

# by seijikumagai | 2017-01-26 13:39 | 写真集 | Comments(0)
2016年 12月 05日

Instant films myself 

今年、各所で展示してきたポラロイドとチェキを同時にお見せします。
新潟Books f3のDMイメージです。トークショー、撮影WSもやります。
12月9-11日、新潟に行きます。
皆様、お待ちしています。
c0216014_10484317.jpg
c0216014_10504245.jpg



17日からのフェアに作品を数点出品して頂きます。

ジ・アートフェア + プリュスーウルトラ 2016
ターム1:2016年12月17日(土)~20日(火)
《ブース10》
Roonee 247 photography 加藤咲季
出展作品は、
◎細江英公氏の『ルナロッサ』
◎熊谷聖司氏の『BRIGHT MOMENTS』『Focus』
◎鷲尾和彦氏の『極東ホテル』『To the Sea』
[PR]

# by seijikumagai | 2016-12-05 14:26 | 写真展のお知らせ | Comments(0)
2016年 11月 07日

Time for time / time after time

富山義則氏とのポラロイドプロジェクト
4月の大阪を皮切りに、東京、名古屋、東京、岡山、笠間と展示を行ってきました。
沢山の方々に作品を見て頂き、また写真集を購入して頂き、嬉しく思います。

12月の新潟Books f3の展示でも何点かポラロイド作品を出展します。

引き続き写真集はこちらで購入可能です。

c0216014_1225040.jpg

[PR]

# by seijikumagai | 2016-11-07 12:25 | ポラロイド809 | Comments(0)
2016年 11月 01日

本日より笠間で、12月は新潟で

11月になり一層寒くなってきました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか

本日1日ー6日まで笠間の家で写真展を開催中です。
3日は熊谷も会場に居ます。

12月は新潟のBOOKS f3で写真展を開催です。

今年は8x10ポラロイド、チェキのインスタントフィルムを使った作品を多数発表してきました。
今回その二つのシリーズを同時に展示します。
会期中、トークショー、撮影ワークショップもやります。

c0216014_123875.jpg

[PR]

# by seijikumagai | 2016-11-01 12:39 | 写真展のお知らせ | Comments(0)
2016年 09月 30日

夢に纏う色彩

いよいよ10月
大分、秋らしいですね。

「夢に纏う色彩」の展示を10月12日ー16日
CROSSROAD GALLEYにて展示します。
この作品は全てチェキワイドとミニで撮影しました。
新作も増えました。
皆様のお越をお待ちしています。
c0216014_22591469.jpg
c0216014_23112835.jpg

[PR]

# by seijikumagai | 2016-09-30 23:12 | 写真展のお知らせ | Comments(0)
2016年 09月 23日

この多情な感情は何処から沸き上ってくるのか

2015年 マルクマ本店を開設
それ以来
2015年 EACH LITTLE THING#6 , BRIGHT MOMENTS
2016年 Time for time / Time after time , , 夢に纏う色彩
これら5冊の写真集を作ってきました。

10月1日19:30~のトークでは、
それぞれの写真集についての事、制作、販売活動、その他
この多情な感情は何処から沸き上ってくるのかについて話します。


10月8日―10月22日、岡山市のgallery GLOSS &COFFEEにて
「歩みゆく時間 / 時間のための時間 」を展示します。
10月8日には岡山市内を参加者と撮影するワークショップもやります。
実際に街に出かけ写真を撮ります。
何を感じシャッターを切るのか、ご覧頂けると思います。
富山氏も10月16日に撮影ワークショップやります。
お申し込みはギャラリーもしくはルーニィまで

c0216014_16285576.jpg

[PR]

# by seijikumagai | 2016-09-23 16:43 | Comments(0)